着物のあれこれ
「着物って難しいな〜」や「着物を上手に着こなせたら素敵なのに〜」などと
思ってる方が沢山いると思います。確かに本や雑誌等では堅苦しい印象を受けますよね?
でも、要点さえ覚えれば着物は難しいものではありません。
そこで”着物の世界”をより身近に感じて頂けるように、着物の基本知識からQ&Aまでを簡潔にご紹介します。
これを読んで着物の楽しさを知って頂ければ幸いです☆
着物の種類って何があるの?
きものには、大きく分けてふたつの種類があります。
「染めのきもの」と「織りのきもの」です♪



染めのきものというのは、白い糸のまま布に織ってから染めたもので、
反物にしたあとで色や模様をつけていくので、”後染め”ともいわれます。
後染めのきものは、色やデザインに自由がきくので、柄付けも華やかで刺繍や金箔等をほどこしたりと、
豪華なきものに仕上げることもできます。晴れ着やお出かけ着として広く用いられています。

織りのきものというのは、糸を染めたあとで織る方法で、”先染め”ともいわれます。
昔は、普段着や仕事着で着られており、縞や格子や絣といった素朴な織りの柄が中心でしたが、
今日では、華やかなものも多くなり、多彩な手業の工芸的な価値が評価され、
普段着としてだけではなく、趣味のきものとしても注目されています。(結城紬や大島紬など)


また、さらにきものの種類を大別しますと、
礼装(略礼装)、外出着、街着/家庭着に分けることができます。

  礼装・・・・・・本振袖、留袖、喪服、

  略礼装・・・・・色留袖、振袖(中振袖・小振袖)、訪問着、色無地、附け下げ

  外出着・・・・・小紋、(江戸小紋)

  街着/家庭着・・ 紬、ウール、浴衣など

きものにもフォーマル・カジュアルってあるの?
結婚式の披露宴に招待される時の服装、
デートの時の服装、通勤時やお部屋でくつろぐ時の服装など、
シーン別に私達が着用している洋服スタイルに様々な装いがあるのと同じように
きものの世界でも、フォーマル・カジュアルの装いがあります♪



「フォーマル」とは、洋装でいえば、ドレスのような意味合いで、
きものの中で最も格が高く、冠婚葬祭など社会的な儀式などに
出席する際の装いです。『1』のきもの種類で示した"礼装"にあたるものです。


「セミフォーマル」とは、礼装に準ずるもので、
きものの種類ですと”略礼装”にあたるものです。

「カジュアル」とは、普段に着る装いから、
他家の訪問・観劇・音楽会などお出かけ着の装いとなります。
きものの種類ですと、”外出着””街着/家庭着”にあたるものです。

目的によって、着るきものは変わるの?
きものにも、洋服と同じようにTPOで、着るきものが変わります♪

下記にて目的別装いをまとめてみましたので、ぜひご覧下さい。

「結婚式」披露宴 ・・・黒留袖(既婚女性の第一正装
   /新郎新婦の母親や仲人婦人、親族の既婚女性) 
 
・・・色留袖(既婚女性だけではなく、未婚女性も着られる祝儀用の第一正装
   /5つ紋なら黒留袖と同格です。
   /新郎新婦の姉妹で20・30代の方や、祖母にあたる人は色留袖がお薦め)
 
・・・振袖(未婚の女性の第一正装)
 
・・・訪問着(既婚・未婚に区別なく着られる準礼装のきもの)
 
・・・その他、附け下げや色無地など
 
「お宮参り/七五三(母親)」・・ 訪問着、附け下げ、色無地
   
「パーティ/謝恩会/新年会」・ 訪問着、附け下げ、色無地、振袖(ミス)、色留袖
   
「卒業式(学生さん)」・・・・・・ 振袖、袴姿 
   
「卒業式・入学式(母親)」・・ 訪問着、附け下げ、色無地
   
「表彰式」・・・・・・・・・・・・・ 訪問着、附け下げ、色無地、色留袖
   
「見合い/結納」・・・・・・・・・ 振袖、訪問着、附け下げ、色無地
   
「お茶会」・・・・・・・・・・・・・・ 色無地、訪問着、附け下げ、振袖(初釜など) 色留袖(格式ある茶会)
  (気軽なお茶会には小紋など)
「観劇/クラス会/お稽古/コンサート」・・・ 小紋、紬など
     
「ショッピング/お食事会/旅行」・・・・・・・ 小紋、紬など
   
「夏祭り/花火大会」・・・・・・ 浴衣など
   
「葬儀」・・・・・・・・・・・・・・・ 喪服
帯の種類って何があるの?
帯の種類には次のようなきものがあります♪
「丸帯」・・・・・・・・ 現在では、帯の中で最も最高の品格と豪華さを備えられた帯。
  広幅(68cm)に織った帯地を二つ織りにして芯を入れ仕立てられた表裏がないもの。
  花嫁さんの振袖用に用いられています。 
   
「袋帯」・・・・・・・・ 礼装・略礼装のきものに用いることができる帯。
  帯幅約30cm、長さ約4m〜4.5m前後、芯を入れずに仕立てられています。
  丸帯には表裏がないのに対し、袋帯は、表側にだけ柄が織り込まれ、
  裏側は無地になっています。
   
「しゃれ袋帯」・・・ 袋帯と同じ仕立てで、趣味的な帯。
   
名古屋帯」・・・・・ 「略礼装から街着にいたるまで、幅広い範囲をカバーするのがこの帯。
  名古屋帯の特徴は、たれの部分は普通の帯幅で、
  胴廻りの部分は半幅にして、芯を入れて仕立てられたものです。
  帯幅約30〜32cm前後 長さ約3m60cm前後
  仕立て前の帯生地幅が九寸(約34cm)前後なので、九寸名古屋帯ともいいます。
   
「袋名古屋帯」・・ 八寸名古屋帯ともいいます。
  帯幅が約30cm前後(八寸) 長さ約3m60cm前後
  帯芯を入れず、仕立てれたものです。
  趣味的なものが多く、主に街着・家庭着などに合わせます。
  本綴れ帯だけは格調高い帯とみなされます。
   
「昼夜帯」・・・・・・ 袋帯の一種で、表と裏まったく感じの違う色や柄の帯を用いて、
  芯を入れて仕立てた、長さ約3.6m〜4m前後ある帯。
   
「半幅帯」・・・・・・ 帯幅が普通の帯の半分約15cm前後で、最初から半幅に織ってあるもの。
  長さは3m60cm前後。街着・家庭着などに用います。
きものと帯の合わせ方にルールってあるの?
きものと帯にはそれぞれ”格”というものがあります。

きもの場合には、染めの方が織りのきものよりも格調が高く、
帯の場合には、織りの方が染めの帯よりも格調が高いです。

きものと帯の合わせ方としては、一般的には、
「染めのきものには、織りの帯」「織りのきものには、染めの帯」と、
言われております。

【きものの種類別、帯の合わせ方】

 「留袖・振袖・訪問着・附け下げ」⇒袋帯
  「小紋」⇒名古屋帯、しゃれ袋帯
  「紬」⇒名古屋帯、半幅帯、しゃれ袋帯
  「浴衣」⇒半幅帯、へこ帯、八寸名古屋帯

・・・などなど
季節で、着るきものって変わるの?
きものでも洋服の”ころもがえ”と同じように、
季節によって素材を変えたり、仕立て方が違うきものを着用します♪

大きくわけますと、「袷のきもの」「単衣のきもの」「薄物のきもの」があります。

「袷のきもの」・・・・裏地(胴裏、八掛)をつけて仕立てたきもの
「単衣のきもの」・・・裏地をつけないでしたてたきもの
「薄物のきもの」・・・”麻””紗””絽”といった、涼しげな素材を用いたきもの

【一般的なきもの着用時期】

10月〜翌年5月頃まで⇒袷の着物
6月と9月⇒単衣のきもの
7月〜8月⇒薄物のきもの

※沖縄や北海道など、地域によっても気候も違いますし、
また、その年の気候によっても変化しますので 
最近では自分に合ったお好みの着方の方が増えています。
きものでもコートを着ることはあるの?

きものでもコートは大切な役割があります♪

和装コートには、大きく分けると3つあります。

「防寒コート」・・・寒さを防ぐ役目

「雨コート」・・・雨風を防ぐ役目

「おしゃれコート」・・・防寒とチリやほこり等、汚れ防止を兼ねたものもありますし、
             その他、おしゃれ用としてレースや絽、紗のコートもなどもあります。
きものを着る時には、何が必要なの?
装うきものによっても、小物類などは変わってきますが、
一般的にきものを着る時に必要なものは以下の通りです♪

 ★・きもの ・帯  ・長襦袢

 ★・半衿 ・帯揚げ ・帯締め ・重ね衿

 ★・ぞうり・ハンドバッグ

 ★・タビ ・半襦袢 ・裾除け ・和装ブラジャー

 ★・腰ひも・伊達締め・帯板  ・帯枕

   ☆その他・・・ショール、帯飾り、髪飾りなど
きものと帯の各部の呼び名ってあるの?
「きものと帯の各部には、普段聞きなれない名称が多いので、戸惑うかもしれませんが、

一度使い慣れてしまいますと、とても便利です♪ 
また、きものは、一枚の布を裁断し、縫い合わせて作られていて、
袖、前身頃、後ろ身頃、おくみ、衿などで構成されおります。
呼び名を知っていると採寸の時にも役にたちます。

お客様よりのQ&A

著作権は「きもの舞姫」に属します。掲載の写真・文章・図版などの無断転載を禁止します。

google